RE;PORT

勝手気ままに綴るのさ。主にハロプロとJ-POP。

今のハロプロの中で生きている「今のモーニング娘。」。

今回のエントリー、すべての記述が主観だらけなのでそういうのが苦手な方は今すぐ戻る勇気を発動してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ最近、少しずつ自分の中でモーニング娘。('15)*1に対して「熱」を失っている感覚を覚えてます。

 

他のハロプロのユニットがそれぞれ新鮮な輝きを示している中でどこかその「輝き」が見られない感じを覚えてまして、それは勿論自分がハロプロの中で「なんだかんだ娘。が一番だよね!」って心の中で確信してる部分が大きいためであって、そういう意識が「崩れていく」中での「不満」とか「批判」みたいなものに繋がっちゃうんだろうなーと今、冷静になった頭の中で感じています。実際今年の自分のツイートでも「歌が成長してない」とか「フォーメーションダンス辞めたら?」とか「曲が軒並みイマイチ」とか不満ばかりたらたら流していたり。個人的にそれは今でも間違ってないと思いますし、この先グンと良くなることはないのかなと半ばネガティブ思考になってしまってます。もともと娘。はある種「プロ意識の高すぎる不完全体の集団」だった故、そこまでスキル的なものは「出来たら最高」程度の感覚だったのですが、プラチナ期と「それを経たつんく♂P(当時)」がそれを良くも悪くも*2変えてしまった部分があります。否定の気持ちはそこには全くないんですけどね…。これぞヲタの我儘。

 

まあ、今年のハロプロはとにかく激動で、つんく♂Pがハロプロの総合Pから完全に離れて娘。'15以外は外部作家曲だったり、カントリー・ガールズにこぶしファクトリー、つばきファクトリーという3ユニットがデビューしたり、アンジュルムに4期メンバー、カントリー・ガールズに2期メンバーがそれぞれ加入と新鮮な動きを見せました。その一方でBerryz工房が無期活動休止して℃-uteハロプロでトップの位置*3に立つなど時代を感じる瞬間もありました。その中でモーニング娘。'15だけがどこか「道重さゆみ卒業」以降どこか時間が止まっている印象がしてなんかつまらない印象を持ってしまいました。もしかすると、どことなく急きょ決まった印象のした鞘師里保卒業は自分自身は勿論の事、実は他メンバーを突き動かす最終手段だったのかもしれません。*4

 

こうして、とりとめもないクソ文章を打ち込んでいって心の中で感じていることは、「本当にモーニング娘。って唯一無二のアイドルなんだな」って思います。メンバーが変わり、スタイルが変わっても、歴史とかプライドとか魂とかはしっかりと継承されてて*5、そういう意味での「安心感」は今あらためて感じてます。ただ、「安心感」が寝転がっている中で9期以降の今の'15のメンバーがどう暴れていくのか…というのはやっぱり期待してしまいます。

 

そこで今感じてるのは、少なくとも「歌の面」では他のハロプロユニットと比較するのはいったん辞めてもいいのかな…ということです。これは決して「他のハロプロユニットのメンバーのほうが歌が上手い」ということを100%認めるわけでは無くて、「それよりもまずは娘。メンバーの歌の魅力を楽しみましょうよ」という部分が強いです。現在行われているコンサートツアー、ツイッター上のタイムラインで「歌割りが少ないほうのメンバーが歌が成長してきている」という感想をこれまで以上に多く見かけます。個人的には「娘。ヲタは過保護」というイメージがこれまでのツイッター経験で頭の中で「勝手に」根深く植え付けられてしまった*6ので、まずは12月5日の盛岡公演でしっかり見て・聞いていきたいです。

 

あとは…そうですね…「かわいらしいもの、愛らしいものの存在に素直になってみる」ということですかね…。少なくとも「今のモーニング娘。」はやっぱり「アイドル」なんですよね。過去の、いわゆる「黄金期」「プラチナ期」やそれぞれの前後は自分の中ではどこか「アイドルでは無い不思議な存在」という部分が強くて、そこらへんに興味をもっていたのですが、「今のモーニング娘。」に対してはもっと「アイドル」として割り切って考えるようにしたいなーと。「なにを今更www」と思われた方も多いでしょうが、意外とこんなもんなんですよ。一旦惹かれたものに「蹴りをつけること」は大変な行為なのです。でもこの大変な行為をしなければ、本当にただのアンチになってしまいそうなので…それよりは良いんじゃないかって思うんですよね。

 

ただでさえ、アイドルグループが乱立しているのに、さらにハロプロ内でもアイドルグループが乱立している今、それでも「モーニング娘。」という90年代に掲げられた看板を背負って頑張っている彼女たちの魅力に、自分はこれからも楽しんでいきたいし、そして何より今一度エールを送りたいのです。

 

 

*1:こういう時記述が面倒くさくなる「ユニット名に年号」

*2:何が良くて何が悪いのかは記述はしません。言葉にして表せる部分ではないと思うので

*3:ハロコンなどハロプロユニット複数参加のイベントでの出演者記載順的なもの

*4:鞘師自身が頭の中の片隅でそう思ってくれたならなぁ…という妄想成分3割

*5:本当はそういう論説は嫌いなんですけどね

*6:自分の性格の歪みに基づくものです