RE;PORT

勝手気ままに綴るのさ。主にハロプロとJ-POP。

【2015/4/1発売】 可能性を感じる3曲 ~℃-uteトリプルA面シングル極私的解説~

また、久しぶりの更新になってしまいました。もう少し、やる気を出そう自分。

 

 

今回は℃-uteの4月1日発売のトリプルA面シングル「The Middle Management~女性中間管理職~/我武者LIFE/次の角を曲がれ」について綴りたいと思います。今年になってからハロプロつんく♂Pではなく外部作家による楽曲が多くなっていますが、このシングルも例にもれず、「The Middle Management~女性中間管理職~」の作詞以外はすべてつんく♂以外の作家によるものになっています。

 

私は2,3年前あたりから「℃-uteに関してはつんく♂プロデュースから離れてみる方が面白いのではないか」ということを唱えていましたが、つんく♂P自身の健康状態の影響もあってか図らずしてそうなりました。その点に関してはもちろん手放しで喜べるものではないですが、ただ「どうなるんだろう…?」というワクワク感も同時に抱いてました。現にアンジュルムやカントリー・ガールズも楽曲でヲタの一定の支持は集めていましたし。

 

前置き長くなりましたが早速3曲を順番に紹介していきましょう。

 

 

 

ハロプロらしい歌謡ダンスミュージックと℃-uteの「魅せる」ダンスとの融合に注目『The Middle Management~女性中間管理職~』

つんく♂による「OL女子の憂鬱」をあっけらかんテイストで描く歌詞に妙な安心感を覚える。作曲と編曲は里山曲(ピーベリー・ジュリン・さとのあかり)でおなじみのサウンドプロデューサー・ギタリスト:角田崇徳とHANGRY&ANGRY*1のサウンドメイキングに関わったDJ:DANIEL MERLOTを中心としたチームによるもので、K-POPライクなストレートなエレクトロダンスミュージックに仕上げている。Aメロの中島早貴萩原舞による声質を生かした電波的な印象があるパートも面白い。とはいえ、過去のハロプロ曲、特に平田祥一郎アレンジ曲にも似た印象でそれほど楽曲自体に新鮮味はない感じ。特筆すべきはMVで披露されているダンス。これまでになく「魅せる」度合いが強いのである。型にはめるではなく、かといって崩しすぎない感じなので、ファッションのコンセプチュアルさと相まってまるでファッションショーを見ているような感覚。℃-uteのダンス面でのネクストステップを示している。

 

 

 

・内容はあまりにも普遍的かもしれないけどそれでも大切に歌うべき曲の誕生『我武者LIFE』

テレビ番組の企画により生まれた注目の作品。オーディションにより選ばれたKOUGAの楽曲*2 を元に、「講師」の立場で企画の進行を務めた湘南乃風のメンバー・SHOCK EYEが新たに歌詞を描き下ろし+一部補作曲を手掛けた。編曲はFUNKEY MONEKEY BABYSやFlowerなどの楽曲アレンジを手掛けているSoundbreakers。…ということもあってか、かなりハロプロ色は薄いのでハロヲタ的思考からすればやや物足りなさも感じてしまう。ただ、逆に言えば普遍的で世間に広めやすいとも感じられる。この点に関してはヲタの中でもかなり評価が別れそうなところだが、そもそもわざわざテレビの企画で曲を募集するくらいなのだから、そういう部分を狙ったともいえるので個人的には悪くはないのかなと。現在のところMVでも感じるように、かなり「かわいい&軽い」印象が強いこの曲ではあるが、ライブで歌うたびにどんどん「強い&アツい」感じになっていくことも十二分に予感できる曲なので、ぜひとも大切に歌ってもらいたいところである。

 

 

 

℃-uteの現状を図らずして物語るメッセージが胸を打つ『次の角を曲がれ』

アンジュルムにも「大器晩成」を提供した中島卓緯が作詞作曲を担当。とはいってもこの曲も「大器晩成」と同様元々は4月8日にリリースされる中島卓緯のアルバム「瓦礫の家」の書き下ろしの新曲として発表する予定だったのを、スタッフが楽曲を気に入り急きょ℃-uteで「カバー」という形ながら先に発表することになった、という経緯がある。なので、決して℃-uteのために書いた曲ではないのだが、歌詞の内容に感じるのは℃-uteのリアルな姿。今まで決して順風満帆とはいかなかった彼女たちが紡ぎだし続けている物語を、優しくも力強く応援するような感じに仕上がっている。アレンジは鈴木Daichi秀行によるアニソンライクなポップロック。メインボーカルは鈴木愛理矢島舞美岡井千聖の3人といった感じだが、この曲での鈴木愛理の「思い切った歌い方」は声質とサウンドの相和性の問題を感じさせない仕上がりである。

 

 

ということで、個人的には当初の予想よりもトリプルA面の充実ぶりに満足しています。と、同時にやはりつんく♂Pからの脱却で℃-uteの可能性がまた見え始めてきた事も重要で、これからが楽しみになってきました。(できればこのトリプルA面シングルのようなバラエティさでオリジナルアルバムのリリースを…と望んでしまいますが)

 

 

ついでの追記としまして、「我武者LIFE」で感じた「ハロプロ色が薄い」という部分に関して「それは我々ハロヲタが聞き方を変えるべきでは…?」と偉そうに語ってしまっているブログ記事を過去にUPしていますので合わせて読んでいただけたら…嬉しいです*3

 

 

 

 

℃-uteのシングル「The Middle Management~女性中間管理職~/我武者LIFE/次の角を曲がれ」は4月1日発売です。

 

 

*1:2009年~2011年まで活動していた石川梨華吉澤ひとみによるユニット。同名のファッションブランドから派生した音楽活動。http://hangryandangry-f.com/

*2:KOUGA「Next Stage」 - YouTube 【℃-ute「我武者LIFE」原曲】KOUGA「Next Stage -第2稿-」 - YouTube

*3:かくら、とっても嬉しいです。って書こうとしたけどやめた