読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RE;PORT

勝手気ままに綴るのさ。主にハロプロとJ-POP。

ハロプロ楽曲大賞2014 楽曲部門 『答え合わせ』

2015年になりましたね。

あけましてとかもう言ってる場合でも無いです。

 

ちまたではモーニング娘。'15の12期だったり、カントリーガールズだったり、さらには新ユニットだったりと、どんどん変化が起きている感じのようですが、意外とまあまあついていけてません。興味ないわけではないんでしょうけども、何となく今現在、「ハロプロ新メンバー」に対しての過剰ともいえるブームが嫌なんでしょうね。ほんと自分って色々損してる。実際見たら、多分誰かしら惹かれるとは思いますけどね。なんていったってハロプロですから。

 

んなわけで気分的にもすぐれなかったのがありまして、ブログもなんだかサボってしまいましたが、年明け恒例のアレをやっていなかったので、今更な感じもありますがやっていきたいと思います。ハロプロ楽曲大賞の、自分の投票と最終結果を見比べてどうこう語っていく、アレです。

 

 

投票1位 Berryz工房「一憶三千万総ダイエット王国」→ 最終結果17位

タイトル発表ですでに話題となった、ダイエットをシニカルに歌う究極の変態EDMポップ。あまりにも独特なので最終的にはTOP10には入らないだろうなと思っていたので、この結果は妥当かと。Berryz工房は最終的には2014年11月発売の両A面シングル「ロマンスを語って/永久の歌」にかなり票が集中した感じですね。11月発売と、投票開始直前に発売されて2位と3位ですから、如何にこの2曲が強いかがわかると思います。

 

投票2位 Juice=Juice「イジワルしないで抱きしめてよ」→最終結果1位

発売当初から早くも楽曲大賞の1位候補とされていた、2013年12月発売の曲ですが、なんとほんとうに1位になってしまいました。サウンドの独特の浮遊感が印象的なテクノサウンドとクールなブラスセクションに、歌が見事にハマった部分がやはり大きかったのかなと。ただ、あまりにも評が集中しすぎる、いわゆる去年の「ロマンスの途中」のような現象が起きてしまった事によって、「ファンクであればなんでもいいのか」みたいな意見がツイッターのTLに流れるなど、この最終結果1位に関して批判的なツイートも散見されました。ここら辺に関して、今年はどうなるのか…?や、早くもまたそんな現象が起きそうな気がしてならない…。

 

投票3位 Berryz工房愛はいつも君の中に」→最終結果15位

2014年6月に発売されたこの曲も、ほぼ「一億三千万総ダイエット王国」と同じくらいの最終結果に。両A面もう片方の「普通、アイドル10年やってらんないでしょ!?」は8位とさすがに強さを見せた印象。私は単純に「ストイックベリーズ」というかっこいい印象を持ったのでこの曲に投票したので、しっかり上位にランクインして良かったなーと思いました。活動休止発表が無かったら…と考えると…。

 

投票4位 Juice=Juice「風に吹かれて」→最終結果51位

意外なほどに下位に沈んだ印象の2014年7月発売のシングル。というか、両A面もう片方の「ブラックバタフライ」は76位ですか…。どちらも、正直「アルバムに入ってれば逆にもう少し評価が上がったのでは?」と感じましたね。で、全体的に見てもJ=Jはあまり上位に食い込む曲が少ない印象で少しさみしい結果に。2015年は果たしてどうなるのか?

 

投票5位 ODATOMO「木立を抜ける風のように」→最終結果64位

2014年4月発売、SATOYAMA3ユニットのうちの一曲。やはり普遍的なバラードにはハロヲタの印象は薄いようで、結局3ユニットの中でも一番低い順位に。2015年のSATOYAMA関係はまだよくわかりませんが、どうも今年はハロプロつんく♂以外の曲を積極的に投入する感じがするので、個人的にはどれだけ「つんく♂以外のハロ曲」が今年の楽曲大賞上位に喰いこめるのかがひとつ大きな楽しみでもあります。

 

 

全体的に見てみると、やはりモーニング娘。’14の楽曲が例年より上位進出曲が少なかったのが印象的ですね。確かに、自分も楽曲的にはワンフォー曲は全然受け入れられなかったので(「シャバダバ ドゥ~」と「見返り美人」は良かったですよ)妥当な結果かと。「TIKI BUN」の13位と「Password is 0」の29位は、正直逆なんじゃないかと思うのですが…(んなこたない)

 

注目の「リリウム」曲は「Eli, Eli,Lema Sabachthani?」が16位で最高、他はそこまで評が伸びずということで、思い入れがある人とない人の差が出てしまった感じ。所詮、サントラなわけで楽曲単体で評価するのも難しいという部分もあるように感じましたね。

 

℃-uteは11位に「I miss you」、12位に「Love take it all」。相変わらずTOP10に一曲も来ない窮状が続いてます。個人的に好きな「Love take it all」がこの順位だったのは良かったですが…。2015年はおそらく外部作家を取り入れそうな気配がするので、どこまで「曲で」℃の魅力を引き出せるか注目したいです。

 

スマイレージは、7位に「ええか!?」、9位に「エイティーンエモーション」。その他の曲も比較的上位に食い込み(最下位は36位の「嗚呼、すすすきの」)、楽曲的には恵まれた印象。あとは票数だけ、という感じですね。アンジュルムに改名後の、最初のシングルが各所から非常に絶賛されているようなので、この機会に新たなファンを獲得できるかがひとつ大きなカギを握りそうです。

 

さて、今年は「まずそもそもつんく♂曲が来るのか」という心配があるので、予測が何とも立てにくい状況ではあります。ほんと、どうなるんでしょうねえ…。ベリは1月発売のアルバムがどうやら本当に(ひとまず)最後の作品になりそうですし、モーニング娘。'15、℃-ute、アンジュルムは去年と比べて何かしら変化がありますし、カントリーガールズも正月ハロコンで早くも局地的な人気を獲得できた印象。研修生からも新ユニット誕生…。ここまで来るとJuice=Juiceだけがなんか「フワッ」としている感じなので新曲が欲しいところですが…あ、やってたんでしたっけ?←

 

なにはともあれ、今年もハロプロの楽曲を楽しんでいきたいところです。