読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RE;PORT

勝手気ままに綴るのさ。主にハロプロとJ-POP。

2014年極私的J-POPフェイバリットソングス

J-POP 極私的オススメ 音楽 まとめっぽいもの

すっかり一年間の振り返りにしかブログ使わなくなってる感じですが、今年もやります。2014年の一年間に発売されたJ-POPより、個人的に気に入った曲を何曲か紹介していきます。

 

 

fumika「泣きたい僕ら」

この曲で新たな一面を見せた感じ。もっと評価されるべきシンガーのひとり。着うたブレイクのイメージをどう打破できるかが鍵。

 

KREVAトランキライザー

歌メロ多め。それでもしっかり伝わってくるメッセージ。やっぱり天才だと思う。抑え気味のサウンドも聞いててとにかく気持ちいい。

 

三浦大知「Anchor」

安室奈美恵にも楽曲提供しているNao'ymtによる作品。静けさの中に広がる優しさ。J-POPではなかなか聞けない男声の「美しさ」に注目。

 

柴咲コウ「ラブサーチライト」

androp・内澤崇仁による煌めきのポップロック。ごちゃごちゃしたサウンドもここまでくるとただただ圧巻。なんなく融合してしまう柴咲コウのボーカリストとしての才能も光る。

 

高橋優「太陽と花」 

イメージをガラッと変えたフォークロック。個人的には「これが聴きたかった」。ぶっきらぼうな歌と熱き魂の融合。

 

蟲ふるう夜に「わたしが愛すべきわたしへ」

松隈ケンタのプロデュースバンド、ミニアルバムのタイトルチューン。疾走感溢れるサウンドと厨二を諭すような歌詞を、ボーイッシュな女性ボーカルで歌われているのが面白い。

 

伊藤萌々香「Poker Face」

Fairiesメンバーのソロデビューシングル。なんだか色々取り入れて曲的にはどうなのとは思ったけども、弾む感じの歌い方が得意そうな彼女にはピッタリだったりする。

 

近藤晃央「心情呼吸」

声の存在感が異常。タイトル通り歌詞の「心情」に沿って「呼吸」するような歌に、絶妙のポップサウンドが重なる。

 

ACIDMAN「世界が終わる夜」

今年から本格的に聴き始めた感じのACIDMAN。感動的なバラード。最初聴いたときに感じた胸の震えは今でも覚えている。長く聞き続けたい歌。

 

清竜人25 「Will♡You♡Merry♡Me?」

初見のインパクトが半端ないのだけど、でも曲はなんともハッピーでユルめのファンクサウンド。なるほどこういうユニットをわざわざ組んだだけある。アレンジはダンス☆マン

 

 

個人的な感覚としては今年は例年に比べて男性シンガーソングライターの曲を聴いたような気がします。上記の高橋優・近藤晃央・清竜人、そして秦基博、佐香智久、笹木ヘンドリクス…とこれだけ見ても「シンガーソングライター」の定義がだいぶ広がってきてこれはこれで面白いなーと思いました。その変わり、なのかどうかはよくわかりませんが女性アイドルの曲を少なくとも去年より聞かなかったなーという印象です。

 

来年はどんな曲が自分の心に残るのでしょうか?

みなさんの今年のお気に入りJ-POPはなんですか?