RE;PORT

勝手気ままに綴るのさ。主にハロプロとJ-POP。

℃-uteに「良曲が来ない状態」に関して自分なりに考察してみた。

先日、朝から長々とツイートした話題をブログで紹介するとともに、少し補足説明も加えて改めてまとめてみようと思います。

 

まず、主題。

この意見に関してはもはやハロヲタ全員が感じているんじゃないかってくらいよく聞く話でして、アルバム曲ではたまーに面白い曲も来るのだけど、シングル曲に良い印象があまり無いんですよね。で、なんでなのかなーと考えた時、曲の内容もそうなのですが℃-uteの目指す方向性にひとつ原因があるのかな…と思うようになりました。

 

そこで℃-uteの今の状況に関して自分なりに考えてみました。

シングル曲をひととおり聞いても、どんどんメンバー間の「実力格差」が埋まっていますし、これに関してはもちろんハロプロ一だと思うのです。アルバムタイトルに「Queen of J-POP」と名付けてしまうのもわかります(大袈裟だけど気持ちはある程度解るの意)。ただ、それが故に「なんかこの人たちもっと出来るんじゃないの…?」とか「もっとアイドルっぽいのほしーよー」というヲタの欲も出てきてしまったような感じがして、それが結局「良曲が来ない」という表現にもつながっているような気がします。曲の内容よりかは、℃-uteの魅力が伝わってこそ…というのが℃ヲタ・ハロヲタの中での良曲定義なんだと思っているので。

 

次はそんな℃-uteの中でひとつ気になっていることに関して…そこからスタイルの変遷の部分に関して話をつなげていきます。




 シングル曲でもこの「会いたいロンリークリスマス」と「Kiss me 愛してる」は歴代℃-uteのシングル曲の中でも人気が高い曲だと思う(ま、まあ初期のシングル曲のうち数曲が強すぎるけどね…)のですが、スタイルは全く違いますよね…。どちらかと言えばボーカル重視、愛理の落ちサビ大サビのボーカルに震えた「会いたいロンリークリスマス」。かっこよさと踊りやすさのバランスを徹底的にこだわったダンスが印象的な「Kiss me 愛してる」。どちらとも℃-uteの魅力ではあります。ただ、「Kiss me 愛してる」に関しては完全に「ハロヲタ以外にもアピールできた」という印象が強くて、そこから一気に℃-uteは「全員が並列でのパフォーマンス」という印象が(少なくともシングル曲では)かなり強くなりました。

 ※上記ツイートの中の「『間違った』手ごたえ」というは、いわゆる事務所の「判断」自体が間違っているっていうことではなく、少し「誇大解釈しすぎた」っていうことです。いわゆる「並列スタイル」をウリに出しすぎている…ってことです。

 

 

で、その「並列スタイル」の「弊害」(と言っちゃうとキツイかもですが、敢えてそう言ってしまいます)として…

 つんく♂P楽曲の良いところってのは、様々な音楽ジャンルの、そのどれもで様々な魅力を出せるところにあると思います。そこらへんがハロプロの各グループに比べて、やや薄い印象はどうしても拭えないと私は思っています。本当はこの「ハロプロらしくない感じ」を強みにしたいのが事務所の思惑でもあるんでしょうけど、如何せんその部分がここ2年くらいずっと中途半端なんですよね…。正直、他の方にプロデュース、楽曲提供を依頼してもいいのではと思ってしまうくらいです。もちろん過去のハロプロの歴史を顧みると、一筋縄ではいかないことは理解できますが…。

 

さて、そんな℃-ute。今月新しいシングルが発売されます。両A面のうちの一曲「Love take it all」に関してもツイートしていました。

見る分には自分はものすごく好きなタイプの曲です。なんならもう少し(色んな意味でも)大胆でもいいんじゃないかって思うくらいです。ただ前述したように「その割には」インパクトが少ないのが…。

 

両A面もう一曲は「心の叫びを歌にしてみた」。

こういう「普通の印象の曲」をシングルに持っていくこと自体、なかなか今のアイドル難しいから、これはこれである意味英断とも言えます…(というかそれをつんく♂Pがやりたかったから今のハロプロのシングル両A面施策があるのか…?)

 

 

いずれ「女性人気の高さ」も含めて、ハロプロでもすっかり唯一無二の存在に成長した℃-uteのことです。「ハロプロ℃-ute」から「いちアーティストの℃-ute」として魅力を掘り出していくことについて、今一度事務所側も考えるべきだと思います。またヲタ側ももう少し発想をフラットにして考えることも必要なのかなと思います。そもそも「良曲」とは「アイドルの中での良曲」なのか「パフォーマンスグループの中での両曲」なのか…という部分でなんとなくヲタの考え方が分かれているように思いますし、それだったらそこにこだわるのを敢えて辞めるって事も必要なんじゃないかと思います。

 

 

いずれ、℃-uteはもうひと暴れしてもらいたいものです。殻を破るきっかけになるような曲が来ることを願って…。