RE;PORT

勝手気ままに綴るのさ。主にハロプロとJ-POP。

2013年極私的J-POPフェイバリットソングス VOL,2

VOL,1に引き続いて、今年発売されたJ-POP楽曲から個人的オススメをセレクト。

VOL,2は下半期にリリースされた作品から。

 

 

恋は神聖ローマ / ハナエ


レトロティックと言葉遊びが絶妙。というかハナエの楽曲を通して、作詞作曲編曲の真部脩一が相対性理論の元メンバーだと知る…。世の中まだまだ分かってないことだらけ。

 

鼓動 / 小林太郎


バンド経験もあるらしいが、ソロになるべくしてなったような独特の色気を醸し出すボーカルに、男性ロックボーカリストでは久しぶりのキタコレ感覚を味わえた。今後注目していきたいアーティストの一人。

 

träumerei / LiSA

アニソン界ではすでに有名な方だが、個人的にはこれまで楽曲的にイマイチ惹かれるものが無かったので、ようやくきたかといった感じ。無邪気さを残しつつオトナっぽさとパワーも十二分に味わえる楽曲とボーカルである。

 

リンクス / 三澤紗千香

アップフロント声優オーディションで一時期ハロプロメンバーとも競演してた彼女。当時から「水樹奈々のような歌える声優」を目指していただけに、そのボーカルは凛としながら伸びやかで聞いてて気持ちい。楽曲も爽やかでベストマッチ。

 

はさみ / 黒木渚

てっきり「自傷系の内容なのか」と思いながら聞いてたら、まあこれがじわりくる暖かい曲。偶然レンタルショップで見つけた作品なので、たぶんそこで見かけてなければ間違いなく聞かなかったであろう…そう考えると恐ろしい。

 

週末シンデレラ / 竹達彩奈



元気なボーカルというか声質をうまく活かしてロックンロールに昇華してきたナイスな作品。この人はスタッフと作家陣に恵まれているなあ…。

 

 

なんかアニソン・声優系多くなりましたがね。でも基本的にはアクィドルソングよりは明らかにアニソン・声優系の曲を聴いている方が多いです。その中でも下半期はそこの名曲が多かった感じがします。

 

来年はどんな曲に出逢えるのやら…?