読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RE;PORT

勝手気ままに綴るのさ。主にハロプロとJ-POP。

ハロプロ楽曲大賞2013 楽曲部門 私の投票内容

はい、今年もこの季節ですね。ハロプロ楽曲大賞ですよ。

http://www.esrp2.jp/hpma/2013/

 

今年(厳密に言えば去年12月から今年11月までか)は個人的には「良い曲」と「悪い曲」の差が大きかったのかなという印象です。特につんく♂Pの作品に関しては今年後半より「両A面シングル」や「仕様によってc/wが異なる」といった施策を行っているので、その中で特に「c/wの名曲」っていうのがやや少なかったかな…という印象です。去年はBerryz工房の「Loving You Too Much」という名曲が生まれましたが、それも如何せんトンチャイさんのカバー曲ですし…。そういう意味で若干シングル曲に良い曲が集中しているかもしれません。あくまで、若干…ですよ?

 

では、今回の私の投票内容です。

 

 

 

 

1位 「愛の軍団」/ モーニング娘。(4pts)



最初聴いたときは「これ…本当にライブで出来るのかね…?」と不安になったくらい、なんかとにかく凄い曲が来たなとは思った。テクノをベースとしながらブラスを取り入れたサウンドの重厚感と、やたら覚えづらく感じた曲の展開に惹かれて何回も聞いていくうちに、今の娘。の「立ち位置」と重なる部分が多くなって思わずグッときた。周りが騒がしくなろうが、そんな事関係なく「今」を突き進む「今」のモーニング娘。の姿を、つんく♂Pはこの曲で示したかったのかもしれない…。個人的には譜久村聖がボーカルでソロ・ユニゾンともにかなり重要視されている点に感激した。ポジションを確立し始めたといっていいと思う。

 

 

2位 「私が言う前に抱きしめなきゃね」/ Juice=Juice(2.5pts)



ハロプロのユニットって、インディーズデビューシングルがとにかく鮮烈な印象だけど、このJuice=Juiceもスタイルを決定づけるにはもってこいの曲に仕上げてきた。サビで繰り返される「抱きしめていいよ」のフレーズと振りは久々のインパクト。サックス音をフィーチャーしたサウンドがクールで、そこに(当時)6人のボーカルが乗る、といういわゆる「アンバランスを楽しむ構成」っていうのはハロプロ楽曲で長らくやってきた手法であるけど、この作品は「アンバランスなはずなのに寧ろバランスがいい」という奇術的な雰囲気になっているのが興味深い。特に大塚愛菜金澤朋子が、その「奇術的なバランス」に乗っていい味を出しているのが素晴らしい。つかぽん…。

 

3位 「リバース feat.コピンク」/ コピンク*(2pts)



Juice=Juiceの活動が始まる直前、コピンクとしての最後のオリジナル曲になったこの曲。新しい道に進もうとする「不安」から、感謝の言葉、そして「リバースデー」と向かうまでの物語が、彼女自身の素直なボーカルでつづられている。個人的にはイントロ~1番Aメロで何回泣きそうになったか…。その1番Aメロの「もう何周目なんだろう」の「ろぉおお~」の声の響きとか、天性の素質としか思えない。ディレクションであんな声が出るようになるとは思えない…。例えディレクションだったとしても、それはそれで凄いんだけど…。とにかく、改めてちゃんさんの凄みを知らされた一曲。

 

4位 「サヨナラ ウソつきの私」/ Berryz工房(1.0pts)



思っていた以上にお気に入りの曲になったのがこの曲。ともすれば、つんく♂らしいセクシー路線の曲。それにBerryz工房が「挑戦した」っていう感じ…?と最初はMV見て思っていたんだけど、MVの相乗効果も相まってなのか、やけに迫力がある感じがした。菅谷梨沙子の迫力と夏焼雅のシャープさが絡むボーカルワークが本領を発揮しているし、嗣永桃子Berryzの楽曲では久々と言ってもいいくらい「思いっきり歌えている」印象を持った。その他メンバーを含め7者7様の個性を前面に押し出す、Berryz独特のグループのアイデンティティが、この曲のようなアッパーなセクシー路線に意外なほど合致している、という新しい発見。

 

5位 「あったかい腕で包んで」/ ℃-ute  (0.5pts)



ハロプロでボッサも久しぶりな上に、ギター中心のアレンジでなくキーボード中心のサウンドとなると、ハロプロではかなり珍しいかも…?河野伸らしいそんなスマートなアレンジに乗せて、℃メンバーが実に良い雰囲気を纏って歌っているのが印象的。最初聴いたときは、特に岡井千聖のボーカルにドキドキした…。℃の曲はシングル曲ではボーカルで遊ぶ曲があまりないので、こういうのをもっとシングルで出してもいいのかなと改めて思った。

 

 

さらに個人的に6位から10位までも順位付けしてみました。

 

6位 「哀愁ロマンティック」/ モーニング娘。道重さゆみ譜久村聖

7位 「ウルフボーイ」/ モーニング娘。

8位 「天真爛漫」/ スマイレージ

9位 「レディーマーメイド」/ ダイヤレディー

10位 「涙も出ない 悲しくもない なんにもしたくない」/ ℃-ute

 

というわけで結局コピンク*とダイヤレディー以外はすべてつんく♂曲でしたな…。なんだかんだつんく♂曲ですよ。そりゃ。それでも個人的に上半期1位に挙げていたはずのモーニング娘。「ブレインストーミング」が何故かTOP10漏れするなど、用はその時の気持ち次第で順位は決まってしまうものなんだなと改めて思ってしまったりもします。きっと来年の今頃は、今回の自分の投票内容に「ブーイングブー」していることでしょう…。

 

果たして結果はどうなるのか。年末が楽しみです。