読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RE;PORT

勝手気ままに綴るのさ。主にハロプロとJ-POP。

アイドル楽曲大賞2013 楽曲部門 私の投票内容

音楽 J-POP

今年で2回目の「アイドル楽曲大賞」。

http://www.esrp2.jp/ima/2013/

 

今年はハロプロ楽曲大賞だけでなく、こちらもメジャーアイドル楽曲部門のみではありますが投票しようかなと。今回よりメジャーとインディーズに分けたのは、完全に去年の楽曲部門の結果を反映してなんでしょうね。なんか知らないところがものすごく上位にきてたはず。そう、組織票ってやつね。 あとは、どうしても「楽曲」そのものの評価に繋がらない部分がハロプロ楽曲大賞と比べて大きいような気がするので…まあでもそれでもどんな曲が上位に来るのか自体は非常に楽しみです。

 

 

では、自分の投票内容を…

 

 

いや、なんていうか凄い「偏った」感じになってますけど。他の人と比べてバラエティに乏しいというか…。仕方のない事だけど。

 

 

 

 

1位 … 「DiE」/BiS (4pts)


 個人的にはマキシマム ザ ホルモンの「ぶっ生き返す」以来の?曲から溢れる生命力…というか蘇生力?がすごい曲。BiS自体も前作よりメンバーが2名脱退→3名加入という「生まれ変わり」のタイミングで発表されただけに、メンバーはもちろん研究員さんの想いもひとしおなのでは…。そんななかでこの完成度は、何気にすごい。松隈ケンタをはじめとするミュージシャンの熱い演奏も素敵。

 

2位 … 「My Graduation Toss」/ さくら学院 (2pts)

the brilliant green川瀬智子奥田俊作夫妻による「らしい」ロックナンバー。センチなメロディと卒業をテーマにした歌詞…といえばよくある卒業ソングになってしまうが、当時「生徒会長」の中元すず香のパートがやたら胸に響く。BABYMETALではなかなか気づかなかった、彼女のロックサウンドとの親和性を十二分に垣間見れる曲。

 

3位 … 「Fly」/ BiS (2pts)

ミチバヤシリオ卒業シングル。前作「DiE」で蘇った命を抱え、泥にまみれながらも新たなフィールドにはばたく姿そのものを、美しく曲として昇華している。で、それを「ゴキ〇リ」に例えてビジュアルに映すのも、またBiSらしいというか。アレンジは轟音というわけではなく、節操感溢れるスピーディーな仕上がり。おかげで個性派ぞろいのボーカルも思いの外しっかり聞ける印象。

 

4位 … 「夏サンキュ!!!」/おはガール ちゅ!ちゅ!ちゅ!(1.5pts)

ロックという言葉は今やアイドルソングでも良く聞かれるようにはなったが、「ロックンロール」となると実はそこまで聞かない印象が自分の中であったのだけど、その「スキマ」に入り込んできたのがこの曲。元JUDY AND MARYのTAKUYAの作品、というのも頷ける、痛快アイドルロックンロール。

 

5位 … 「フレンズ」/ Dancing Dolls (0.5pts)

 <本人動画見あたらず…>

 

幾度となくどこかでカバーされている印象のREBECCAの名曲なのだけど、このダンドルバージョンはちゃんと「ダンス」曲に消化していて面白い。ともすれば単調に聞こえるボーカルかもしれないが、逆に音と一体となって面白いのかも。下手にサンプリングする曲より全然いいので、あとはこんなスタイルのオリジナル曲を…。

 

 

はい、なんかロック曲ばかりになりました。自分の音楽嗜好にはさからえません。もう少しアイドルっぽい曲が入るのかなと思いきやこの通りですわ…。ひとえにアイドルのロックの曲でも、Party Rocketsやひめキュンフルーツ缶あたりのが受け付けなかったのは謎。いずれ、来年はもう少し色んなアイドルの楽曲を聞きたい。下手すると去年より聞いてない感じがするんですよね…。

 

 

追記。

実は上記で「本人動画が無い」と記載してるDancing Dollsの「フレンズ」ですが、検索した見たところこんな動画がありました。しかもソニーミュージックによる公式動画です。